世界日報 Web版

ペルーでフジモリ派が分裂、次男ケンジ氏が姉ケイコ氏と決別


ケンジ氏

次期大統領選のダークホースに

 南米ペルーで、フジモリ元大統領の恩赦が思わぬ波紋を広げている。次男ケンジ氏が最大野党のフジモリ派を離脱、2021年の大統領選に向けてダークホースとなりつつある。(サンパウロ・綾村悟)

 調査会社イプソスは11日、2021年に予定されている大統領選の最新世論調査結果を発表した。フジモリ元大統領の次男で最大野党のフジモリ派「人民勢力党」を離党したケンジ・フジモリ国会議員(37)が支持率11%で3位に付けていることが分かった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ