世界日報 Web版

町中がパニックに(注) Panic in the streets


 ドナルド・トランプは「中国は」「われわれを殺そうとしている」と、2016年の大統領選挙戦中にたびたび言っていた。彼は、中国の攻撃的貿易と産業政策のことを言っていたのだが、それは米経済に破滅的損害を与えると非難したのである。

 しかし、彼が、彼の所見を文字通りに言っていたとしたならば、彼は極めて本音を突いていたのかもしれない。

 鎮痛剤の大流行のことを考えてみるとよい。それは、想像を絶する恐ろしい規模で全国に死と破壊をもたらしているからである。鎮痛剤の新しい名前であるオピオイドの世界中に出回っているものの85%が米国で消費されている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ