世界日報 Web版

超党派訴えるトランプ氏


トランプ氏

米中間選挙、「経済」が前面に

上院の焦点区五つ、下院は民主有利か

 トランプ氏は、演説で経済政策に長い時間を割いた。240万人の雇用を創出し、小規模企業の景況感も良く、株価が最高値を更新し続けているなどと強調。また、公約通り減税と税制改革を実現させたとして、成果を訴えた。その上で、今後10年間で1兆ドル規模と表明していた大型インフラ投資を、1・5兆ドルに増額し、議会に法律の制定を求めるとした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ