世界日報 Web版

中国から郵便で密輸されるオピオイド Chinese use Postal Service to smuggle opioids


 米上院議員らが18日、中国からオピオイドを購入するには、グーグル、クレジットカード、電子メールがあれば十分だと指摘、致死性の高いフェンタニルを含む大量の郵便物を「発見、対処」できていないと米国郵政公社を非難した。

 上院の調査官らは、この1年間の中国の販売人と米国の買取人の間の数百件の取引を追跡し、それらは郵便で送られ、7人が過剰摂取で死亡したと指摘した。

 この調査を行った上院国土安全保障委員会の調査官らは、オピオイド危機の中で死因最多のフェンタニルを買うのはそんなに容易なのか、という一つの簡単な仮説を立てていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ