世界日報 Web版

プーチン氏、ロシア大統領選への介入を懸念 Putin warns of companies using social media to meddle in Russian presidential race


 ロシアのプーチン大統領は、2018年の大統領選へのソーシャルメディアの影響を懸念している。一方でロシア政府は依然、フェイスブック、ツイッターなどを使って昨年の米大統領選に介入したとして非難を受けている。

 プーチン氏は25日、議員らを前に「インターネット、ソーシャルメディアで一部の企業がどのように活動し、ロシアの国内政治にどこまで介入しているのかについて注意深く見守る必要がある」と語った。ロイター通信が報じた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ