世界日報 Web版

25年間凍結の受精卵から赤ちゃん誕生 Baby delivered with longest-frozen embryo


 命が受胎で始まるとするなら、テネシー州東部で先月生まれた赤ちゃんは24歳半だ。出産に成功した受精卵の中で最も長期間、冷凍されていたことになる。

 生まれたばかりのエマ・ウレン・ギブソンちゃんは、20年以上前の体外受精を受ける夫婦のための受精卵の一つから生まれた。

 エマちゃんの受精卵は1992年10月14日に冷凍保存され、「胚養子縁組」を斡旋(あっせん)する宗教団体系組織「国立胚芽寄付センター(NEDC)」の科学者に解凍された。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ