世界日報 Web版

サウジアラビアが迎えている興味深い時代 Interesting times in Arabia


 (辛いものが苦手な)猿も、苦しまぎれに、赤唐辛子を食べることがあり得ると、古いことわざにあるが、時代の厳しさが、サウジアラビア人とユダヤ人に、成功を勝ち取るために協力することを求めることがあるのかもしれない。(無論、例え話だが)イスラムの改革、これは16世紀にスペインで頓挫したものだが、サウジアラビアで再び、そのための苦闘への挑戦が始まろうとしているようだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ