世界日報 Web版

中露の台頭前に後退する米国


デービッド・イグナチウス

米コラムニスト デービッド・イグナチウス

 トランプ大統領は12日間のアジア歴訪を終えた。歴訪をまとめるとすれば、ユリウス・カエサルの言葉をもじって「来た、見た、媚びた」となるだろうか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ