世界日報 Web版

帰国した数千人の「イスラム国」戦闘員が各国に危険をもたらす Thousands of Islamic State fighters returning home pose global risk


 過激派組織「イスラム国」(IS)の支配地域が縮小する中、ISと共に戦うためにシリアとイラクの拠点に集まった数千人の外国人戦闘員が本国に戻ったことが、民間治安情報会社の広範な調査で明らかになった。調査では、外国人戦闘員を最も多く出した国は、ロシアであることも分かった。

 ニューヨークに拠点を置くソウファン・グループが24日に公表した報告書は「現時点で33カ国の少なくとも5600人の市民・住民が本国に戻った」とし、この状況は世界中の「治安・法執行機関にとって重大な挑戦だ」と指摘した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ