世界日報 Web版

メキシコの麻薬カルテルがドローン爆弾 Terror from skies as Mexican cartel attaches bomb to drone


 メキシコ警察は先週、手製爆弾(IED)と遠隔起爆装置を搭載した自爆ドローンを運んでいた男4人を発見した。アナリストらは、麻薬カルテルがドローン兵器化の方法を把握していることが明らかになったとみている。

 これは憂慮すべき事態であり、米国の治安機関のトップらが今年に入って議会に警告。テロリストらがドローンを使って米国内の標的を攻撃し始めることに懸念を表明していた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ