世界日報 Web版

AT&T買収で言論の自由の制限に懸念 AT&T buy raises fears of limiting free speech


 AT&Tとタイム・ワーナーとの合併案に、一部の保守派は言論の自由に影響が及ぶのではないかと警戒している。

 トランプ氏と敵対するCNNばかりか、通信手段とコンテンツを運用する巨大で左寄りのコングロマリットが誕生する見通しとなったことで、グーグル、フェイスブックからすでに逆風を感じている右派は懸念を強めている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ