世界日報 Web版

米民主党全国委員会ハッキング事件の原因に疑念強まる Questions intensify over origins of DNC hack


 昨年、米民主党全国委員会(DNC)のコンピューターがハッキングされ、民主党がバーニー・サンダース氏よりもヒラリー・クリントン氏をひいきしていることを示す数千通の電子メールがウィキリークスによって暴露された。ハッキングはロシア工作員によって実施されたというのが社会通念になっているが、これが厳密な調査の対象になっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ