世界日報 Web版

イラク政府、イスラム国を戦争犯罪で追及へ Baghdad moves ahead on Islamic State war crimes


 「イスラム国」(IS)はイラク北部で戦争犯罪を犯したと考える国は多いが、人権活動家らによると、イラク政府の官僚組織の不手際によって、拘束されているイスラム国の工作員らに対する国際刑事裁判の開始が遅れている。

 イラク政府は数週間前から、国際戦争犯罪の調査を正式に開始する国連安保理決議の採択を推進しているが、この取り組みは数カ月間も遅れ、その間に、拘束されている1000人以上のイスラム国メンバーについて、バグダッドで裁判を受けるべきか、釈放するかをめぐる審理がイラク北部の現地の裁判所で行われた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ