世界日報 Web版

薬物の過剰摂取による10代の死亡数が1年で急増 Teen deaths from drug overdoses spike in year


 薬物の過剰摂取による10代の死亡数は、2007年にピークに達した後、約7年間減少していたが、1年間で急激に増加したことが、16日に公表された米連邦政府のデータで明らかになった。

 15~19歳の若年層に焦点を当てたこのデータによると、処方薬関連の過剰摂取は減少したが、ヘロインやフェンタニル関連の死亡数が増えているという。

 「これは公衆衛生危機だ」。国立薬物乱用研究所のウィルソン・コンプトン副所長はこう語った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ