世界日報 Web版

CIA長官、北朝鮮に「秘密工作」も


ポンペオ氏

米国の最大の脅威は中国

 米中央情報局(CIA)のポンペオ長官は、このほど行ったインタビューで、北朝鮮の核ミサイル開発について、外交解決が不調に終わった場合、秘密工作などの情報活動の検討を行っていることを明らかにした。また、長期的に見て米国にとっての最大の安全保障上の脅威は中国だと指摘。一方で、情報活動を強化するために、現地の工作員の権限の強化と、手順の簡素化に取り組んでいるという。ポンペオ長官が1月の就任後、メディアのインタビューを受けるのは初めて。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ