世界日報 Web版

政府の関与なしでもパリ協定の目標達成は可能 Paris climate goals attainable without U.S. government involvement


 トランプ大統領はパリ協定からの離脱を表明したが、環境保護論者らやオバマ前大統領は、離脱は大したことではなく、いずれにしても米国は、すでに低排出へと向かっていると主張した。

 離脱発表による混乱が収まる中、アナリストらは調査を進め、調印国でなくとも、米国がパリ協定の目標を達成することは、困難だが不可能ではないと指摘した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ