世界日報 Web版

謝罪なき歴訪 Trump’s no-apology tour


 ドナルド・トランプは反オバマである。このトランプ大統領の前任者は、米国が犯した、あるいは、犯したかもしれないし、犯し得たかもしれない、ありとあらゆる犯罪を頭を下げながら悔い改めて、中東各地を回ることによって、大統領職の基調を打ち出した。米国の敵とされた人たちがブランクを埋めるために招待された。バラク・オバマは、屈辱的態度を謙虚と取り間違えて、「背後から指導する」ことを約束した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ