世界日報 Web版

懸念される武器の流出、政情不安続くベネズエラ


800

 政情不安が続く南米ベネズエラでは、さらなる国内分裂の恐れとともに、周辺地域への武器流出という問題が懸念されつつある。(サンパウロ・綾村 悟)

 南米の北端に位置するベネズエラは、南米最大の産油国で石油輸出国機構(OPEC)の主要加盟国でもある。2013年には、原油確認埋蔵量で中東最大の産油国サウジアラビアを抜き、世界一の座を獲得した。世界の抽出可能な原油全体量の実に17・7%がベネズエラにあるという。さらには、金や鉄鉱石、ダイヤモンドの鉱山もあり、まさに資源の宝庫だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ