世界日報 Web版

オバマ前米政権、ソロス氏系団体に資金提供


ジョージ・ソロス氏

 オバマ前米政権が米国内外で過激な左翼運動を支援する著名投資家ジョージ・ソロス氏の組織と協力し、東欧の小国の左翼勢力に資金提供して政治的混乱を助長していたことが分かり、米議会からトランプ政権に調査と是正を求める声が出ている。米社会のリベラル化を推し進めたオバマ政権だが、対外政策でもその傾向が顕著だったことを示す一例だ。(編集委員・早川俊行)

東欧マケドニア 左翼運動支援し混乱助長

 オバマ政権とソロス氏の組織の協力関係が問題になっているのは、バルカン半島のマケドニアだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ