世界日報 Web版

北の戦力、正恩氏の主張と「食い違い」―米太平洋軍司令官 Mismatch’ between North Korean rhetoric and actual capability, says Pacific Command chief


 太平洋地域の米最高司令官は連邦議会で、米国とアジア太平洋の同盟国は、北朝鮮の指導者、金正恩氏からの脅しと限定的な軍事力の脅威に対処しようと苦心していると語った。

 上院議員全員が、韓半島で緊張が高まっていることを受けてホワイトハウスで行われる異例の非公開ブリーフィングにバスで向かう数時間前、ハリス太平洋軍司令官(海軍大将)は下院軍事委員会で、北朝鮮の核開発計画に依然、懸念を抱いているが、米国と同盟国は、北朝鮮の通常兵器による攻撃に対抗する能力を備えていると語った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ