世界日報 Web版

トランプ政権、パリ協定から事実上離脱か Trump’s executive action on Clean Power Plan signals U.S. exit from Paris climate treaty


 トランプ大統領は28日、クリーン・パワー・プランを破棄する大統領令を出すが、これは、環境をめぐるオバマ前大統領の重要な実績であるパリ協定から米国が事実上、離脱することをも意味する。

 クリーン・パワー・プランは、全米の発電所からの温暖化ガス排出を初めて制限するもので、2025年までに排出量を少なくとも26%削減するというオバマ氏の約束を果たすには欠かせない。

 トランプ氏は、パリ協定から正式にはまだ脱退しない。パリ協定は、拘束力も執行機関もなく、違反しても非難されるだけだ。この大統領令によって米国は、温室ガス削減の野心的な目標を事実上達成できなくなる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ