世界日報 Web版

ブラジルで「配車サービス」戦国時代に


800

 ブラジルで急成長する米国発の配車サービスの「Uber」。世界有数の拠点としてUberの世界戦略に欠かせない存在となっているが、ブラジルならではの課題やライバルの進出に直面、転換期を迎えようとしている。(サンパウロ・綾村 悟)

 ブラジルは、本家の米国とインドに続くUberの稼ぎ頭となっており、同社にとって最重要拠点の一つだ。ドライバーごとの評価制度を導入した顧客サービスの良さや既存のタクシーに比べて安価に利用できることもあり、今やブラジルの大都市では欠かせない移動手段となっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ