世界日報 Web版

ロシアの介入めぐり特別検察官任命要求強まる Calls grow for special prosecutor on Russia meddling despite no evidence


 下院情報特別委員会のデビン・ヌネス議長(共和、カリフォルニア州)は27日、トランプ陣営がロシア当局者と接触したという証拠は見たことがないと主張したが、特別検察官の任命を求める声は高まるばかりだ。

 民主党員らは、冷戦の敵対国だったロシアが米大統領選に干渉したのか、トランプ陣営がロシア情報機関と接触していたのかを調査する特別検察官の任命を求めている。元下院監視政府改革委員長のダレル・アイサ下院議員(カリフォルニア州)は、この民主党の要求に同調する最も著名な共和党員となった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ