世界日報 Web版

米で「メリークリスマス」復活?


800

 米国では近年、政教分離の原則や非キリスト教徒への配慮から「メリークリスマス」を「ハッピーホリデー」と言い換えるなど、クリスマスから宗教色を排除する風潮が顕著だ。だが、左翼勢力の圧力や「ポリティカル・コレクトネス(政治的正しさ)」を恐れないトランプ次期大統領の登場を受け、保守派・宗教界はクリスマスの「脱キリスト教化」が改められることを強く期待している。(ワシントン・早川俊行)

 キリスト教の伝統を米社会から排除しようとする左翼活動家団体の圧力により、公共の場に設置されたクリスマスの装飾が各地で論争を巻き起こすのは、年末の恒例行事と化している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ