世界日報 Web版

DOJ investigating post-election hate crime reports, Attorney General Lynch says


 リンチ司法長官は18日、司法省が、ドナルド・トランプ氏が大統領に選出されてからの数日間に憎悪犯罪とされる事件が急増した問題について調査を進めていることを明らかにし、国民に対して連邦法に違反する可能性のある事件について今後も通報するよう呼び掛けた。

 リンチ氏は18日、動画で、連邦捜査局(FBI)が最近公表した2015年憎悪犯罪統計について発言した際に、トランプ氏が次期大統領に選出された後の1週間半に事件が増加したことに触れた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ