世界日報 Web版

トランプ政権と米露関係


中澤 孝之

日本対外文化協会理事 中澤 孝之

 米大統領選挙でのドナルド・トランプ共和党候補の勝利を受けて、ロシアの情報サイト「ロシア・ダイレクト」(RD)はパーベル・コシキン編集長の「トランプ大統領時代と露米関係の将来」と題する論評を9日に配信。同日、「トランプ大統領時代は米国人の対露観を変えるだろうか?」という小論を配信した。筆者はアンソニー・モレッチ米ロバート・モーリス大学情報部門準教授。

 以下、コシキン編集長とモレッチ準教授の論評を紹介したい。最初に、コシキン氏の論評。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ