世界日報 Web版

オバマのクローニーを怒らせることの代償 The price of offending an Obama crony


 オバマ陣営の貢献者の1人を怒らせることは、大統領自身をばかにするのと同じくらいキャリアを危うくする恐れがある。重要であるが、議会図書館(LC)が所管するほとんど知られていない米国著作権局の局長、マリア・パランテ女史は、向こう見ずにも、証券取引委員会(SEC)に、彼女の専門家としての考えで、グーグルの、米国の著作権法に対していいかげんなことをしている習慣は、悪い方針であり、また、法律に反していると書き送った。彼女は、職業上の自殺を図ろうとしているのだということを知らずにいたのだが、じきに気が付いた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ