世界日報 Web版

代理戦争、共和ペンス氏に軍配


800

2016米大統領選

副大統領候補テレビ討論会

 11月8日に投票が行われる米大統領選の共和、民主両党副大統領候補によるテレビ討論会が4日夜、南部バージニア州ファームビルのロングウッド大学で開かれた。初の直接対決となった共和マイク・ペンス・インディアナ州知事と民主ティム・ケーン上院議員は、相手陣営の大統領候補をめぐって互いに非難を展開。米メディアは討論会後、安定感を示したペンス氏に軍配を上げた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ