世界日報 Web版

米大統領選揺るがす情報漏洩


加瀬 みき

アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき

 大企業や政府のコンピューターがハッキングされたというのはニュースにならないほど数が増えている。民間IT企業の知的所有権から政府の軍事機密まであらゆるものがサイバー攻撃の対象となっている。

 しかし大統領選挙を直前に迎えた今のアメリカでは、ハッキング故に選挙結果は信じられないという不信感が広まり、民主主義制度を揺るがせ、選挙後大きな政治、社会不安を招くことが懸念される。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ