世界日報 Web版

11月へ向けての短距離走 The sprint toward November


 さて、ところで、これからが、面白いのだ。これまでに終わったことは、全部、重要ではない。少なくとも、大して重要ではない。予備選は終わり、駆け出しのボクサーらは至る所で行われる興行の前座に駆り出されている。そして、レーバーデー(労働者の日:9月の第1月曜日の休日)が過ぎて、候補者ら、そして、もっと大切な有権者らは、大統領を選ぶという厳粛な仕事に、本腰を入れて取り組むことができるようになった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ