世界日報 Web版

オバマ氏、アサド大統領退陣要求も成果なし Five years on, Obama’s push to oust Syria’s Assad proves uniquely futile


 ちょうど5年前、オバマ大統領は初めて、シリアのアサド大統領に退陣するよう求めたが、この要求は残忍な内戦の中で全く顧みられず、内戦は今週、ロシア軍機がイランの基地から発進し、アサド政権を支援する爆撃を開始するまでに拡大した。

 オバマ氏は2011年8月18日に初めて、「シリアの人々の運命を決めるのはシリアの人々であり、私たちは今後も強く支援し続ける」と公式に語った。政府高官らは、手を血で染めたアサド氏が権力を握っている限り、恒久的な平和は得られないと主張した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ