世界日報 Web版

ペンス氏の起用、社会保守派が高評価


「トランプ氏の下で結束」

 人工妊娠中絶に反対する米保守派団体「スーザン・B・アンソニー・リスト」のマジョリー・ダネンフェルザー会長は20日、共和党大会が開催されているクリーブランド市内で本紙の取材に応じ、同党の大統領候補に正式指名された実業家ドナルド・トランプ氏が副大統領候補にマイク・ペンス・インディアナ州知事を起用したことを高く評価、同党の主要支持基盤である社会保守派はトランプ氏の下で「間違いなく結束する」との見通しを示した。

マジョリー・ダネンフェルザー会長

20日、インタビューに応える米保守派団体「スーザン・B・アンソニー・リスト」のマジョリー・ダネンフェルザー会長=オハイオ州クリーブランド、早川俊行撮影

 キリスト教に基づく伝統的価値観を重視する社会保守派は、大統領選の行方を左右する一大勢力だが、かつて中絶など社会問題でリベラルな立場を取っていたトランプ氏に強い不信感を抱いていた。

 ダネンフェルザー会長は、トランプ氏が最高裁判事に保守派を指名すると約束していることなどを「堅実な公約だ」と指摘。「(社会保守派とトランプ氏の)信頼関係はここ数カ月で大幅に拡大した」と述べ、社会保守派はトランプ氏支持で結束し始めているとの認識を示した。

 社会保守派にとってトランプ氏は決して第一志望の候補ではないものの、中絶や同性婚など社会問題で極めてリベラルな立場を取るヒラリー・クリントン前国務長官が民主党候補になることもトランプ氏支持を後押ししているとみられる。

(クリーブランド(米オハイオ州)早川俊行)