世界日報 Web版

南米初の五輪開催、治安維持に威信かけるブラジル


800-1

国軍ら要員8万5000人投入

 ブラジルは夏季五輪パラリンピック開催を前に、国家の威信を懸けて治安維持対策に取り組んでいる。とりわけフランス・ニースでのトラック・テロを受け警備体制を強化している。(サンパウロ・綾村 悟)

 南米初開催のリオデジャネイロ五輪パラリンピックに絡み注目を集めているアプリが幾つかある。一つは、先行展開した米国などで大ブームを引き起こしている「ポケモンGO」だ。リオデジャネイロのパエス市長が、自らのフェイスブックで「五輪開催前にブラジルで配信を」と任天堂に呼び掛け、短時間で数千ものコメントが届くほどの反響を呼んだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ