世界日報 Web版

テロ関与でサウジ政府提訴を可能にする法案、上院通過 Senate dismisses veto threat, agrees to let Americans sue Saudi Arabia over terrorist attacks


 オバマ大統領の拒否権発動の警告にもかかわらず、上院は17日、米国領土へのテロ攻撃に加担したとみられる外国政府を訴え、損害賠償を求める権利を米国人に認める法案を承認した。

 法案は大きな議論を呼び、サウジアラビアは2001年9月11日のテロ攻撃に関する訴訟が起こされるのを懸念し、対米関係を悪化させ、報復として米国から資金を引き上げざるをえなくなると警告した。オバマ氏は、サウジの警告を受け入れ、他の国が米国を標的にした法律で反撃するのではないかと懸念していることを明らかにした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ