世界日報 Web版

論争呼ぶ気候変動懐疑派の映画クライメット・ハスル ‘Climate Hustle’ storm brews as Weather Channel founder calls Bill Nye ‘pretend scientist’


 気候変動に懐疑的なドキュメンタリー映画「クライメット・ハスル」は、2日に劇場公開される前から、気候変動をめぐる議論を起こしていた。

 この映画は、破壊的な気候変動の主張に異議を唱えるものであり、「科学通」のビル・ナイ氏が週末に公開した映像で「米国の国益にも、世界の利益にもならない」と映画を非難したことを受けて、ウェザー・チャンネルの創立者ジョン・コールマン氏はすぐに、この映画を擁護した。

 コールマン氏は4月30日、サイト「クライメット・デポット」で、「ちょうネクタイをして科学者のふりをするビル・ナイ氏に関心を払う人々がいることにいつも驚く」と語った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ