世界日報 Web版

昨年2万人の外国人犯罪者を釈放 20,000 illegals with criminal convictions released into U.S. communities in 2015


 国土安全保障省(DHS)は、外国人犯罪者の拘束で成果を上げているが、起訴されていながら、昨年、釈放された移民は2万人近くに達する。その中には、性的暴行、誘拐、殺人の罪を犯した者が数百人もいる。連邦議会に今週提出された資料から明らかになった。

 その資料によると、外国人の犯罪は全体で6万4000件、そのうち1万2307件が飲酒運転、1728件が暴行、216件が誘拐、200件以上が殺人となっている。移民税関捜査局(ICE)が28日の聴聞会に先立って、下院監視・政府改革委員会に明らかした。

 ジェイソン・チャフェッツ委員長は「問題は数字だけではない。釈放されたのは不法に米国に滞在していた外国人であり、逮捕され、起訴され、有罪となっていた犯罪者だ。ICEは、この犯罪者を排除するのでなく、米国社会に戻した」と指摘した。

 2015年に釈放された犯罪者の一人で、ハイチ人不法移民のジャン・ジャックは、ケーシー・チャドウィックさんを刺殺した。数カ月後にはコネティカット州で若い女性を殺害するかもしれない。ケーシーさんの母、ウェンディー・ハートリングさんは、ほかの不法移民の犯罪の犠牲者らとともに、監視委員会で証言する。

 ジャックは殺人未遂で服役していたことがあり、その後、国外退去処分となるはずだった。しかし、ICE職員によると、ジャックが身分を証明する書類を作成せず、ハイチは、身分証明のないジャックの引き取りを拒否した。ICEは、釈放するしかなかったと説明した。

 このところ、このような釈放のために、政府の信頼が失われている。ジョンソン国土安保省長官とICEのサルダナ局長は、重大犯罪人を退去まで拘束できるよう業務を改善する必要があると語った。

 ある程度の進展は出ている。釈放された外国人犯罪者の数は、2013年の3万6007人から2014年の3万558人まで減少し、昨年はさらに1万人以上減った。

 2015年に釈放された者の約半数は、移民判事によって、保釈が命じられた。ICEが監督の必要なしとした不法移民らだ。さらに、情状酌量すべき事情がない移民を拘束できる期間を6カ月までとした2001年の最高裁の決定に基づいて、2000人が釈放された。

 ICEは監視委員会に提出したメモで、「外国人の保釈は法令に明記されている。それによると、(移民国籍法に)基づいて強制的に拘束することができない移民、公共の安全への脅威とならない、または逃亡する危険がない移民の釈放を禁止することを、DHSは認められていない」としている。

 ほかの89件でも、ジャックの場合と同様、政府は、期間内に送還するための旅行証明を作成できなかった。

 しかし、ICEによると、7000件以上でICEの裁量で釈放が行われた。議員らが最も強く反発しているのはこれらのケースだ。議員らは、犯罪歴がある人物が社会に戻ることが許されていることに疑念を抱いている。

 ICEは、釈放する犯罪者を監視するための措置をとっていると主張している。問題を起こさないよう、監視機器を使ったり、移民局に定期的に連絡を入れさせるなどだ。

 移民の権利擁護団体は、移民が法律に抵触する割合は、米国生まれよりも低いと主張、一部の行動のために社会全体に汚名を着せようとしていると共和党を非難している。

(4月27日付)

◆   ◇   ◆

Homeland Security has made some gains in detaining criminal aliens but still released into the community nearly 20,000 immigrants last year who’d already been convicted of crimes-including hundreds charges with sexual assault, kidnapping or homicide-according to figures sent to Congress this week.

Between them the aliens notched a total of 64,000 crimes, including 12,307 drunken driving convictions, 1,728 cases of assault, 216 kidnappings and more than 200 homicide or manslaughter convictions, U.S. Immigration and Customs Enforcement (ICE) told the House Committee on Oversight and Government Reform ahead of a hearing Thursday.

“These are not just numbers. These are individuals in this country illegally who were arrested, prosecuted and convicted. But instead of removing these criminals, ICE put them back on American streets,” said Oversight Chairman Jason Chaffetz.

One of those released by ICE in 2015, Haitian illegal immigrant Jean Jacques, would go on to kill a young woman in Connecticut just months later, stabbing Casey Chadwick to death. Her mother, Wendy Hartling, will testify to the Oversight Committee alongside relatives of other victims of illegal immigrants’ crimes.

Jacques had previously served time for attempted murder and was supposed to have been deported after that. But ICE officials said he wouldn’t produce documents proving his identity, and Haiti refused to accept him without those documents. ICE said it had to release him instead.

Those kinds of releases have been a black eye for the administration in recent years, with Homeland Security Secretary Jeh Johnson and ICE Director Sarah R. Saldana saying they need to do a better job of keeping serious criminals in custody as they await deportation.

And they have made some strides, reducing the number of criminal aliens released from 36,007 in 2013 to 30,558 in 2014, and then cutting the number by more than 10,000 last year.

About half of those released in 2015 were ordered set free on bond by immigration judges-folks over whom ICE says it has no control. Another 2,000 were released to comply with a 2001 Supreme Court decision putting a six-month cap on how long immigrants can be held in detention absent extenuating circumstances.

“The release of aliens on bond is clearly provided for by statute, and it would not be permissible for DHS to categorically prohibit the release of certain aliens who are not subject to mandatory detention under [the Immigration and Nationality Act], and who do not pose a risk to public safety or a flight risk,” ICE told the Oversight Committee in a memo laying out the numbers.

In 89 other cases, the administration couldn’t arrange travel documents to ship someone back home in time-such as in the case of Jacques.

But in more than 7,000 cases, ICE said the releases were done at its own discretion. Those are the cases that most irk lawmakers, who wonder why anyone with a criminal conviction on his or her record is allowed to walk back into the community.

ICE insists it still takes steps to keep tabs on the criminals it releases, including using electronic monitoring or requiring them to regularly check in with immigration officers to make sure they’re keeping their noses clean.

Immigrant rights advocates say immigrants break the law at a lower rate than the native-born, and accuse Republicans of tarring the whole community for the actions of a few.

April 27, 2016