世界日報 Web版

性転換者トイレ使用制限などの撤回求め 米企業の事業撤退圧力相次ぐ


800

同性愛禁止の国には積極的進出

 トランスジェンダー(性転換者)などの性的少数者(LGBT)らが出生時の性別とは違うトイレを使用しないよう定めた米南部ノースカロライナ州の法律などに対し、大手企業が事業の撤退や縮小をちらつかせる「圧力」が相次いでいる。ただ、こうした企業は同性愛行為を厳しく取り締まる国に進出する際には問題に介入しないという「ダブルスタンダード」(二重基準)の姿勢を示しているため、保守派を中心に疑問の声が上がっている。(ワシントン・岩城喜之)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ