世界日報 Web版

オバマ氏の小規模派兵は「イスラム国」の脅威にならない Obama’s limited troop deployments pose no threat to Islamic State in Raqqa


 数百人の特殊部隊をシリアに派遣するオバマ大統領の決定は適切な措置だが、小規模であり、「イスラム国」との直接的な戦闘に大規模な地上軍を送ることに反対するオバマ氏の方針を反映したものだ。軍事アナリストらが指摘した。

 地上軍派兵を禁止することは、シリアのラッカを中心とする「イスラム国」の安全地帯のネットワークが今後もずっと存続し、活動すること意味する。「イスラム国」はここから、欧州へのテロを組織している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ