世界日報 Web版

党高官、プリーバス共和委員長を「背任」と非難 Reince Priebus blasted for ‘major breach of trust’ by top RNC officials


 共和党のプリーバス全国委員長は、党幹部らの批判を受けている。プリーバス氏就任後の6年間ずっと委員長に忠実だったとみられてきた幹部らだ。

 理由は、クリーブランドで7月に行われる大統領候補指名党大会を左右する党則の変更案を党員に知らせなかったためだ。

 共和党全国委員会(RNC)のブルース・アッシュ規則委員長(アリゾナ州)は「これは、重大な背任行為だと思う」と語っている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ