世界日報 Web版

内陸国パラグアイの挑戦 「魚の養殖」で持続可能な開発目指す


800-1

新たな食文化浸透に取り組む

 南米の内陸国、パラグアイが養殖を通じて持続可能な開発を目指している。台湾の大学や日本からの技術協力を受けながら、養殖事業のさらなる拡大を模索している。(サンパウロ・綾村 悟)

 パラグアイは、南米有数の牧畜・農産物の輸出国として知られる。肥沃(ひよく)な土地と、パラグアイ川を含む豊かな水資源に恵まれた同国だが、近年は、世界でもまれにみるスピードで森林の伐採が進んでいる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ