世界日報 Web版

開いた手と握り締めた拳 An open hand, the clenched fist


 ハバナでカストロ兄弟に向けたオバマ大統領の開いた手は、握り締めた拳で迎えられた。驚いたのは、ホワイトハウスのおめでたい人たちだけのはずである。西半球の歴史上最高に抑圧的な政権に抗議しているキューバ人は、大統領の訪問――しかも、カメラ撮影付きの――を受けたお返しに、殴られたり、虐待を受けたりしている。数千人のキューバ人がオバマ氏到着の前夜、投獄され、そして、ラウル・カストロは、オバマ氏を空港で出迎えようとせず、外交儀礼上最高度の冷遇をするというおまけを付けた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ