世界日報 Web版

ホテル買収で中国のスパイ活動の懸念 Hotel merger triggers Chinese spying concerns


 連邦政府は、米国に本社を持つスターウッド・ホテル・アンド・リゾート・ワールドワイド社を、中国企業が買収しようとしていることを受けて、国家安全保障上の観点から調査を実施する。米情報当局者が明らかにした。

 この当局者によると、調査が必要となったのは、スターウッドを買収しようとしている複数の中国企業を、中国のサイバースパイが支援していた可能性が出てきたからだ。スターウッドは、世界最大規模のホスピタリティー企業であり、情報機関の報告を入手できる立場にあるこの当局者は「合意を調査する必要がある」と指摘したものの、詳細については明らかにしなかった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ