世界日報 Web版

ISのキリスト教徒への残虐行為は「ジェノサイド」-米下院 Islamic State atrocities against Christians called ‘genocide,’ House unanimously declares


 下院は14日、「イスラム国」(IS、ISIS)による中東のキリスト教徒などの信徒や少数民族の殺害を「ジェノサイド(大虐殺)」とする決議案を圧倒的多数で承認した。

 決議案75は、賛成393票で1票の反対票もなく通過した。数カ月前からジェノサイドとすべきかどうかを検討してきたケリー国務長官に対する強いメッセージとなる。だが、下院議長はこの点について楽観していないと語った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ