世界日報 Web版

リビアの失敗は英仏のせい-オバマ氏 Obama blames Britain, France for debacle in Libya


 オバマ大統領は、リビアへの2011年の国際的な介入後の「らんちき騒ぎ」についてキャメロン英首相や欧州同盟国を非難した。

 米誌アトランティックのジェフリー・ゴールドバーグ氏の包括的インタビューでオバマ氏は、キャメロン氏が2011年の介入後、リビア情勢から「目をそらした」と主張、英、仏など欧州諸国は勝手に行動し、「ただ乗り」したと述べた。

 「アラブの春」蜂起後の国際的な軍事介入によって、当時のリビア指導者ムアマー・カダフィ氏率いる軍による民間人大量虐殺は阻止されたが、カダフィ氏失脚後、リビアはテロの温床となった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ