世界日報 Web版

オバマ大統領の中東政策の失敗を指摘しリビア介入を訴えるWSJ紙


◆急速なIS勢力拡大

 米軍は2月19日にリビア北部サブラタの過激派組織「イスラム国」(IS)の訓練施設を爆撃した。この爆撃で約40人が死亡したとみられている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ