世界日報 Web版

オバマ米大統領、もうレームダック?


500

オバマケア混乱で信頼失墜

 オバマ米大統領が2期目の政権運営をスタートさせてからまだ1年もたたないが、早くもレームダック(死に体)化しているとの指摘が出ている。医療保険改革法(通称オバマケア)をめぐる失態で、支持率は急落し、身内の民主党議員の間でも「オバマ離れ」が進行。求心力を失いつつあるオバマ氏が、残りの任期で重要課題を手掛けるのは困難との悲観的な見方が広がっている。
(ワシントン・早川俊行)

 キニピアック大学が12日に発表した世論調査によると、オバマ氏の支持率は2009年の就任以降、最低となる39%を記録。不支持は54%に上った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ