世界日報 Web版

議論が起きる余地なし 強固な日本の進化論体制


500

 日本でのダーウィン支配体制は非常に強く、論争が起きる余地さえ与えない。

 そんな日本の空気を象徴するのは、昨年3月8日付日経夕刊の「あすへの話題」というコラムで、和田昭允・東京大学名誉教授が「生命の創造主」というタイトルで書いている記事だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ