世界日報 Web版

進化論側最後の砦が崩壊 ジャンクDNAの機能 続々解明


500

 2011年、ID派生物学者ジョナサン・ウェルズ博士は『ジャンクDNAの神話(The Myth of Junk DNA)』を出版した。

 ダーウィン進化論者は人間のDNAには繰り返し配列など機能しないジャンク(ゴミ)が非常に多いとし、それはDNAの断片が挿入されたり、切断されたりの偶然の積み重ねのプロセスが繰り返されてきたからこういうものがあるのだと主張してきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ