世界日報 Web版

検閲、抑圧、そして追放 進化論側がとった戦術


500

 インテリジェント・デザイン(ID)運動が急速に台頭する中、ダーウィン進化論者らがまず取ったのは、ID理論に正式に反論することよりも、「IDは創造論。科学ではない」という偽情報をネットやマスメディアを通じて流すというやり方であった。

 例えば、「若い地球説」という創造論は、聖書に基づくとして「世界は1万年前から5700年前の間に1日を24時間とする6日間に創造された」と論じており、現代科学が解明した事実と合わないが、そうした説とID理論を混同させようというものだった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ