世界日報 Web版

和解金払うケース増加 裁判闘争での進化論陣営


500

 デイヴィッド・カペッジ氏のジェット推進研究所(JPL)に対する訴訟は敗訴になったが、近年の法廷闘争では進化論・反ID陣営が多額の和解金を支払うケースが相次いでいる。

 英国出身の天文学者マーチン・ギャスケル博士は1975年に米国に留学し、カリフォルニア大学(サンタ・クルズ)で博士号を取得。ネブラスカ大学で物理学と天文学を教えていた2007年、ケンタッキー大学に新設される観測所の所長に応募した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ